관리 메뉴

Radibrary

[2011.05.19] 노토 마미코 ・ 지구NOTE #69 본문

목요일

[2011.05.19] 노토 마미코 ・ 지구NOTE #69

삼치눈 2011. 8. 21. 23:53

노토 마미코 ・ 지구NOTE (能登麻美子・地球NOTE)

퍼스널리티 : 노토 마미코

방송처 : 초! A&G+, 히비키 라디오 스테이션 (방송 블로그는 여기)
방송일 : 2011년 5월 19일
방송 주기 : 격주 목요일 23:30 ~ 24:30

※ 62회부터 초! A&G+ 방송 다음 주 목요일에 히비키에서 음성 버전으로 재갱신
※ 방송일은 초! A&G+ 를 기준으로 합니다.
※ 업로드는 영상 버전만 합니다.

第69回~トルコ~

皆さん、こんばんは。

お休み前のひととき、いかがお過ごしになりましたか?

今回も番組を振り返っていきましょう。

第69回は「トルコ」についてご紹介しました。


モーツァルトのかの有名な『トルコ行進曲』。
でもベートーベンにも『トルコ行進曲』という同じ名前の曲があります。
これ、一体なぜなのでしょう?

そもそもこれらは『トルコ行進曲』なんてタイトルじゃないんです。
なんでも、トルコの軍楽隊「メヘテル」の演奏があまりにインパクトが強く、
そのイメージを曲に込めたからなのです。
実はこの頃、音楽界は大のトルコブームで、他にもたくさんのトルコ風の曲が生まれたのでした。
ベートーベンは第九の楽譜に「ア・ラ・トゥルカ、トルコ風に」と書き入れたり、
ハイドンもこの楽譜指示を採用。
モーツァルトはトルコを舞台にした『後宮からの誘拐』なんてオペラまで作ったほどでした。

実はここで使われる「シンバル」はトルコで産まれた楽器なんです。
シンバルはもともと『ズィル』と呼ばれ、
「ズィルジヤン家」という職人の一家が代々ハンドメイドで作っていたんですよ。


他にも、『121年前からの友情の話』や『イスタンブール』、『トルコグルメ』、
『トルコのB級映画』、『イスタンブールのミステリー』など、
今回はそんな、親日家の国として有名な「トルコ」と、
その最大の都市「イスタンブール」の素顔を覗いてみました。




댓글 1
댓글쓰기 폼